特定非営利活動法人NPOソーシャルサポート相談室なでしこ

ホームへ
高齢者サポート
子育て支援
NPO法人概要
掲示板高齢者サポートなでしこ相談
掲示板子育て支援
お問い合わせ
HOME > なでしこ通信 > なでしこ通信−10月−
バックナンバー(過去のページ一覧へ)

高齢者サポートなでしこ通信毎月楽しいイベントや催し等を行っております。

・なでしこサロン−参加費無料。 昼食は、400円です。
・ボール体操−講師料 500円
・ヨガ体操−講師料 500円
・なでしこコ−ヒ−1杯 50円
高齢者サポート なでしこ通信今月の催し物 カレンダーなでしこ通信今月の催し物 高齢者サポート なでしこ通信今月の催し物
2015年 10月
 
 
 
 
 
 
1
10時〜12時
創作教室
福岡悠友クラブ
2
 
5
 
6



 
7
なじま商店街で
お買い物
8
お出かけしましょ
福岡市植物園
9
 
12
 
13
お出かけしましょ
14
なじま商店街で
お買い物
15
歌いましょう!
10時〜12時
内田 順子先生
16
 
19
 
20
かき方教室
10時30分〜12時
植畑 ルミ子先生
21
なじま商店街で
お買い物
22
絵手紙教室
10時〜12時
藤元博昭先生
23
 
26
 
27
かき方教室
10時30分〜12時
植畑 ルミ子先生
28
なじま商店街で
お買い物
29
お出かけしましょ
30
 
趣味を楽しむのトピックス
なじま商店街でお買い物
高齢や障がいでお買い物ができない方や暮らしの中で、いろいろな不安がある方もお電話でお問い合わせください。


名島校区ふれあい文化祭

子守唄 うまれてきてくれてありがとう

「子守唄は赤ちゃんが産まれて初めて聞く歌。
親と子の絆の歌。その国の文化」という湯川氏は、子守唄を知らない若いママや大人世代に親しまれる子守唄の制作プロジェクトをスタート。

喉頭がん再発により声帯を摘出し、声を失ったことを公表。
「一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」というつんく♂の言葉に心を動かされた湯川氏は、3児のパパでもあるつんく♂ならではの楽曲制作とサウンドプロデュースを打診する手紙をしたためた。

つんく♂は子守唄ってなんだろう。
子守唄って子供の為だけの唄なのだろうか。
子守唄って子を持つ親の為の唄でもあるよね。
いや、子供をとりまく環境全てに子守唄って必要だよね。
世の中にはいろんな環境で育つ子どもがいる。

世界には我々には想像出来ないような環境で生まれてくる子供もいるでしょう。どんな子であっても親はきっとその子を見てこう思うだろう。
「我が子よ、生まれてきてくれて本当にありがとう。
お前に会えて本当に幸せだ」。また、そう思えるような環境を、 世の中をつくっていかなければならないと。

歌唱するクミコは「つんく♂さんの凛とした姿に、ご自身の苦しみを越えて、次世代にきちんと“愛”を伝えるのだという意思を感じました。

戦後70年の今年。
“さあ、ようこそ!”と両手を広げて新しい命を迎え入れるための歌を唄いたいと思います」と意気込んでいる。


マイナンバー
このページのTOPへ