特定非営利活動法人NPOソーシャルサポート相談室なでしこ

ホームへ
高齢者サポート
子育て支援
NPO法人概要
掲示板高齢者サポートなでしこ相談
掲示板子育て支援
お問い合わせ
HOME > なでしこ通信 > なでしこ通信−7月−
バックナンバー(過去のページ一覧へ)

高齢者サポートなでしこ通信毎月楽しいイベントや催し等を行っております。

・なでしこサロン−参加費 400円(昼食付)
・ボール体操−講師料 500円
・ヨガ体操−講師料 500円
・なでしこコ−ヒ−1杯 50円
高齢者サポート なでしこ通信今月の催し物 カレンダーなでしこ通信今月の催し物 高齢者サポート なでしこ通信今月の催し物
2008年 7月
31
 
 
 
1
10時〜14時
コーヒーサロン
2
ボール体操
11時〜12時
角 美紀子先生
3
石粉粘土
10時〜12時
吉田 英子先生
4
 
 
7
8
ペイントグラス
10時〜12時
福岡悠友クラブ
9
ヨガ教室
13時30分〜
井  雅代先生
10
うたいましょう!
10時〜12時
内田 順子先生
11
14
15
墨遊び
10時〜12時
藤岡 ほづみ
先生
16
ボール体操
11時〜12時
角 美紀子先生
17
転倒予防教室
10時〜12時
社会福祉協議会
18
21
子どもみこし
22
10時〜14時
図書館へ行こう!
23
ボール体操
11時〜12時
角 美紀子先生
24
9時30分集合
おでかけサロン
ペンギン水族館
25
10時〜12時
金魚つくり
田中 美智代先生
28
29
10時〜14時
コーヒーサロン
30
ボール体操
11時〜12時
角 美紀子先生
31
絵手紙
10時〜12時
藤元 博昭先生
 
高齢者サポート なでしこ通信今月のお知らせ!
子どもみこし

認知症対応地域ネットワーク

その1へその3へその4へ

第2例 N県 N さん

   大腿骨骨折で入院中、末期がんで余命3ヶ月と宣告される。
せめて最後は自宅で迎えさせたい
病院に入院している間に認知症も 最近ひどくなっているがどうだろうか?とネットワークに相談有。 同居のご主人も軽い認知症と軽度の左半身麻痺。
双方のケアマネ 福祉用具の事業者、建築士、社会福祉士、訪問看護士、理学療法 士、息子さんと娘さん、訪問介護事業所などが集まり検討。
大腿骨の後遺症でベッドと歩行機の使用が必要なので、畳の部屋 をフローリングに変更し、敷居も取り外し、寝室とトイレ、食堂 居間をバリアフリーにした。
昼間はなるべく家族みんなで過ごせ るよう、リクライニングの電動立ち上がりイスを利用。朝・夕にヘルパーさんが身体を拭いたり、着替えを手伝うことにする。

2ヵ月後に体調もやや安定したので週1回のデイサービスを取り 入れ、外出時は部屋の中から車イスで介護保険でレンタルしたロ ールスロープを使用する。 入浴は、デイサービスで済ませ、お友達 と歌を歌ったり、近くにお花見に出かけたり、美術館を訪れたり もした。
家族みんなで30キロほど離れたお寺にお参りにいった り、イカの生き造りを食べに出かけたり、女学校時代の同窓会にも出席した。
このころには認知症もほとんど影をひそめ、近所の 方たちと想い出話に興じることが多くなった。

7ヶ月後のある日肺炎をおこし入院。「今度退院したらあそこにも、ここにも行こうね。」と話していたが、入院から2日後に静かに逝かれる。
家族は、宣告より4ヶ月も長く自宅で看護できたことに満足された。

このページのTOPへ